研修医の方へ

呼吸器内科ローテートのすすめ(初期研修医向け)

  • 入院患者数が平均40名と症例が豊富であり、大学ならではの稀な疾患から、肺癌、肺炎、気管支喘息、 COPDなどの疾患に至るまで幅広い呼吸器疾患を診療することができます。
  • 指導スタッフには喘息、肺癌、感染症など各分野のサブスペシャリティーを持つ専門医がおり、多角的な視点から診療のアプローチができます。
  • 気管支内視鏡検査ではBFナビゲーションシステムや、EBUS-GS、EBUS-TBNAといった最新技術を用いた診断など、高度な医療手技を身につけることができます。
  • 肺癌治療の症例が豊富で抗癌剤に関する専門的知識を習得することができます。
  • 緩和医療に関する理解と知識、患者・医療チーム間のパートナーシップなど内科医としての総合力や、全人的医療を学ぶよい機会となります。

病棟医長から

 小澤 雄一

よく言われることではありますが、呼吸器内科はアレルギー/自己免疫・感染症・腫瘍の3分野いずれにも多くの疾患がある大変幅広い科です。内科系志望で、多彩な疾患を診たい、全身を診れるような医師になりたい、という方に向いている科ではありますが、どれか一つに絞って追求したくなった場合にもしっかりと応えることができる科でもあります。自分自身を振り返っても、なんとなくアレルギーや免疫関連疾患がおもしろそうという理由で、呼吸器内科を選択したことをよく覚えています。

当科は現在、腫瘍分野に強く、山本教授を中心に日本や世界の肺がん治療を変えるような臨床試験や様々な橋渡し研究が行われており、日本における肺がん診療ガイドラインの作成にも当科から複数の医師が参加しています。腫瘍に興味がある方には申し分の無い環境かと思いますし、もちろんアレルギー・感染症分野についても、当科専門医の指導の元、多彩な疾患を経験し、学ぶことが可能です。さらに、肺がんは脳転移、骨転移を来すことが多く、緩和医療の役割が大きい科でもあります。

これらに興味がある、または、内科をやりたいけどまだ専門科を何にするか決めきれないという研修医の方等々、まずは医局にお茶でも飲みに来てください。お待ちしています。

Copyright(c) 和歌山県立医科大学内科学第三講座 All Rights Reserved.