研修医の方へ

呼吸器内科ローテートのすすめ(初期研修医向け)

  • 入院患者数が平均40名と症例が豊富であり、大学ならではの稀な疾患から、肺癌、肺炎、気管支喘息、 COPDなどの疾患に至るまで幅広い呼吸器疾患を診療することができます。
  • 指導スタッフには喘息、肺癌、感染症など各分野のサブスペシャリティーを持つ専門医がおり、多角的な視点から診療のアプローチができます。
  • 気管支内視鏡検査ではBFナビゲーションシステムや、EBUS-GS、EBUS-TBNAといった最新技術を用いた診断など、高度な医療手技を身につけることができます。
  • 肺癌治療の症例が豊富で抗癌剤に関する専門的知識を習得することができます。
  • 緩和医療に関する理解と知識、患者・医療チーム間のパートナーシップなど内科医としての総合力や、全人的医療を学ぶよい機会となります。

病棟医長から

 赤松 弘朗

幅広い疾患を診る医師になりたい、と思ったのが、自分が呼吸器内科を志したきっかけです。
侵襲的検査はそれほど多くないですが、感染(肺炎)、アレルギー(喘息)、膠原病(間質性肺疾患)、腫瘍(肺癌)と多彩な疾患を経験でき、状況も急性期からターミナルケアまで様々です。「何でも見るけど、専門的なこともできる」点が魅力だと感じています。
また、ここ数年でスタッフの半数を若手が占めるようになり、質問がしやすい、面白い医局になってきたと思います。まだまだ成長途中ですので、是非その雰囲気を経験しに来て下さい。

全人的なアプローチのできる内科医になりたい方を募集しています。
Copyright(c) 和歌山県立医科大学内科学第三講座 All Rights Reserved.