研修医の方へ

医局紹介

内科学第三講座は1971年に開講し、呼吸器・肝臓・腎臓・脂質を専門領域に診療と研究に携わってきましたが、近年の高まる専門性への要求から現在は呼吸器に特化し県下の診療の中心として、また医学教育・医学研究に大きく貢献しています。当講座では呼吸器学会、呼吸器内視鏡学会、アレルギー学会、臨床腫瘍学会に所属する指導医・専門医を揃え、呼吸器疾患全般にわたる最新の診断や治療を行うとともに、これら呼吸器領域の専門医育成や基礎研究・臨床研究に力を注いでいます。具体的にはこれまでの主な研究領域であったCOPDや気管支喘息に加え、現在では肺癌の治験や研究にも積極的に関わっており、地域診療への貢献と世界に向けたメッセージの発信を行い続けています。

医局の体制としては山本信之教授を筆頭に、各医局員は胸部悪性腫瘍、COPD・気管支喘息グループのいずれかに属しそれぞれのテーマに沿った研究活動を行っています。ただし入院診療においてはこれらの垣根をこえたチーム主治医制をとっており、助教(または講師)、学内助教(または助教)、初期研修医からなる診療チームが入院患者の担当となります。また中央部門の化学療法センターや感染制御部にも医局員を輩出(兼任)し、組織貢献を果たしています。




Copyright(c) 和歌山県立医科大学内科学第三講座 All Rights Reserved.